忍者ブログ

夜中のモトカギ

やっぱり夜中になるとテンション上がっちゃうのよねー。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

僕と柴田の4日間

ご無沙汰してます。
豚小屋に住んでいるモトキです

今日はようやく20歳の国を観てきました
関係者のみなさま、本当に申し訳ありませんでしたm(_ _)m
作品、好きでした。
沢山あるんだけど
マッチュと、三太くんがすごく好きで嬉しかった。
部屋を綺麗にしようと思った。あとね、やっぱり男の子好きです。
男の子にしか似合わないものが真っ直ぐあって。
私はどちらかというとずっと男の子の味方でいた110分でした。
束の間の幸せと、絶望をいただいた。
それは総じて幸せだと思う、ありがたいです。

その後ちょうど同じ回を観劇していた
大学時代から付き合いのある
ブラックエレベーター柴田とカフェしまして
20歳の国のこととか、演劇のいろんな話いっぱいして

もうすぐバイバイって時に

「また映画観るのしよーね」

と言われ、すかさずイエス。

懐かしい。
あの楽しい期間。


僕と柴田の4日間、
いや、僕と柴田の何もしない4日間というのがあった。
(ここで音楽が入る。だんだん音が小さくなり)

日本5大都市ツアーに出演していた僕は
自分が行かない都市での公演があった4日間、ずっと柴田の家にいた。
はじめの1日は早稲田まわりの人たちと
酔っ払いながら鍋をした気がする。

次の日、
大学やら稽古やらでみんなが消える中、
僕と柴田は家に残り、
片付けをして
漫画を読んで
テレビを観て
またご飯を食べた。
ご飯は柴田が作ってくれた。
キムチチャーハンだった。
美味かった。

その次の日も
起きてだらだらして
天気がいいから川沿いを散歩して
ミスドでドーナツを買い
TSUTAYAに寄ってDVDを借りて
日光浴する鳩をケラケラ笑いながら帰って
DVDを2本観て
「苦虫女と100万円」と
「マジックアワー」。
柴田がまたご飯を作ってくれた。
カルボナーラとペペロンチーノ。
美味かった。

次の日の昼過ぎになって
ようやく自分の家に帰った気がする。

そんな、僕と柴田の4日間があった。

何もないけど鮮明に覚えてる
そんな4日間。


そして今日の帰り際

柴田「あれ、相手がモトキじゃなかったら付きあってる」

モトキ「え?」

柴田「だってあんなに楽しかったことないもん」


嬉しい。
そんな4日間。



モトキ「え、私はないの?やっぱり」

柴田「ないね(笑)」


これだから、男友達は大切にしたい。

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< PREVHOMENEXT >>
812 |  811 |  810 |  809 |  808 |  807 |  806 |  805 |  804 |  803 |  802 | 

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

NOUU

プロフィール

HN:
佐賀モトキ
年齢:
29
性別:
女性
誕生日:
1987/06/28
職業:
舞台役者
趣味:
音楽を聴いたり
自己紹介:
青森県出身、桜美林大学卒業。フリーの舞台役者。相変わらず楽しいことだけしていく人。音楽が好き、ジブリが好き、美術館が好き、人が好き、演劇が好き、生きるのが好き。
企画「花ざかりのオレたちです。」主宰。
次回出演★2013年11月24日(日) BRILLIANT FLOWERS Vol.20 @ パセラリゾーツ上野公園前店2F 「GLACE BALI」

カウンター

最新コメント

[05/06 Aworehawae]
[04/15 Ahaonic]
[04/13 Ahabaded]
[04/08 Aseritey]
[03/16 Angoamap]

のーみそ

過去ログ

Powered byNinja Blog  Template & Material by 素材屋405番地

忍者ブログ [PR]